トップページのリニューアル

和田さんのブログに大きな刺激を受けて僕もメインサイトのリニューアルに着手しました。(トップページだけですけどw)
参考:[1日更新]ロフトベッド購入ナビ1日リニューアル開始!


どこに刺激を受けたかと言うと、画像ソフトを使ってレイアウトのラフを作るという部分でした。
参考:[1日更新]HTMLコーディングの準備作業
プロがそういう作り方をしているというのは知識としては知っていたのですが、実際の作業を細かに実況されているのを見るて「これは自分もやってみたい」とw。
僕の場合はイラストレーターで割付をして、それを元にCSSを組んでいきました。和田さんほどデザイン的に凝ったものを作る気はサラサラ無く、むしろシンプルで分かりやすいデザインを目指しました。
最初に出来上がった段階でmixi仲間に見てもらったのですが、大きな問題が発覚。シンプルさを目指すあまり、サイトのボリューム感を損なう結果になったようです。実際にはリンク数はリニュ前とほぼ同じなのですが、見せ方の問題ですね。
上半分のリンク数を増やしたりしたのですが、アクセス数やページの巡回に与える影響は今のところ分かりません。
サイトを始めた初期(30ページ前後)の頃は全てのページへのリンクをトップページに貼っていました。これはサイトを大きく見せるためにも大変有効だったと思います。
コンテンツが100ページを超えた辺りから物理的にもSEO的にもフラットな構造は無理になってきて、1000ページを超える現在はサイトの構造を、どうやってトップページで表現するかが大きな課題になっていることに気付かされました。
検索エンジンからのアクセスは各ページが入り口なのだからトップページにはこだわらない、というのもジャンルによっては一つの考え方だと思います。ただ、情報系、ノウハウ系のサイトの場合トップページの「目次機能」というのは大変重要だと思うのです。
最初の企画段階からきちっとしたものを作っていればいいのですが、思いつきのアイデアをすぐに形にできるのもインターネットならではの良さだと思います。例えばこれがブログなどのCMSならエントリーを書くことは簡単でも整理するのはさらに大変な作業になるだろうなといらぬことを考えたり。。。
たった一枚のページを作るのにいろんなことを考えてしまいました。
いやあ、本当にサイト製作って難しいですね。