「直リンク禁止!」

http://neta.ywcafe.net/000670.html

痛い。
そんだけ。

激しく同意。


件の方はさらにこのようなルールを設けておられます。
http://www.geocities.jp/lucy_tinycafe/about/link.html
リンク禁止だそうですのでリンクは張りません。
突っ込みどころ満載ですが、グッとこらえて(笑)
この方を誹謗中傷する意図はありませんので、ちょっと弁護しておきます。
推測ですが、この方のブログのエントリーに対して批判記事、あるいはコメントを書く方が後を絶えないのでしょうね。気持ちは痛いほど伝わってきますが、サイト運営者の基本として対処の方法が間違っているだけです。
確かに自分のコンテンツを否定されたら「全人格を否定された」ような気持ちになって悲しくなります。
「直リンク禁止」はともかくですが、ブログで引用する際には相手のことを思いやる気持ちが必要だと思います。(批判をしてはいけないという意味ではありません。)
サイト運営を長く続けていると、何かにつけ嫌な思いをすることは避けて通れません。
幸いなことに僕は立ち直れないほどのことは経験していませんが、アフィリエイトをしていると余計にそういったリスクを抱えるものだと思います。
ではどうすればリスク回避できるか?
「喜ばれる情報を、出し惜しみせず与える。限りなくフリーであり続ける。」
これに尽きます。(もちろん遵法の範囲内で)
そこに多少広告が混ざっていようが、得るものが大きければユーザーはそれほど気にしていません。
もちろん「多少出し惜しみ」した方がクリック率が上がるとか、そういうテクニックもありますが、その辺は各々の判断で(笑)
==
追記:
ご紹介したブログが若干炎上気味なのを見て、間接的とは言え紹介したことに罪の意識を感じないでもないのですが、TBされているエントリーを見るとWEBの本質をわかりやすく解説されているものも多々あり、図らずも「正しいブログらしさ」を感じるわけです。
少なくとも無意味なTBスパムを打ち続ける輩に比べれば、よほど有意義な訳で、こういったところが玉石混合なWEBの面白さであると思います。

2 thoughts on “「直リンク禁止!」

  1. えびす

    支える技術は入れ替わっても
    その上を歩く僕達の中身は
    そうそう変わらないものですね。
    これは良いことだから許す
    これは悪いことだから許さない
    というよりも
    あの子なら許すけど
    この子は許さない
    のほうが本質に近い気がしてます。

  2. a-ki@管理人

    >あの子なら許すけど
    >この子は許さない
    この辺が真理でしょうね。
    いまどきは小学校の授業でもネットを使うらしいですから、
    「インターネットなんて、所詮道具だよ。使う人の心持ちが大事なんだよ。」
    ということをしっかり教えて頂きたいものです。

Comments are closed.