意外と穴があるぞ!ヤフカテ

ヤフーカテゴリーへの登録はYST対策にも有効でサイト運営者ならば誰もがあこがれるステイタスだろうと思います。


自慢じゃないですが、僕は過去にPCサイト2つ、ケータイサイト2つをヤフカテに送り込んでいます。
もっとも、ヤフーカテゴリーに登録されたからといって必ずしも爆発的なアクセスを集められるとは限らないのですが、色々と有利になることは確かです。
さて、個人サイト、特にアフィリエイトサイトでのヤフカテ登録はもはや、神業に近いのではないかと思われるのですが、必ずしもそうではなさそうです。
まず、モバイルYahoo!
こちらは今、登録サイトを増やすのに躍起なようです。
ある程度テーマを絞り込んでページ数を作れば比較的簡単に登録されるようです。
ちなみに最近登録されたサイトです。

PCのコンテンツの使い回しですw
コンテンツはAmazonを使った、バリバリのアフィリエイトサイトですが、問題なく通ってしまいました。
PCサイトだったら無理かも知れませんが、ケータイのヤフカテを狙うなら「いま!」という感じがしますね。
じゃ、PCは全然だめかというと、ヤフーの姿勢として、「カテゴリー内の登録数を早く増やしたい。」という心理があるようです。
たとえば、音楽サイトのカテゴリーをもう一度じっくり見て見ましょう。
http://dir.yahoo.co.jp/Entertainment/Music/
わずか3階層目にもかかわらず、1桁、2桁しか登録されていないカテゴリーがたくさんあります。
ヤフーへの申請は必ずしもサイト単位(ドメイン単位)ではなく、まとまったコンテンツ単位ならOKのようです。
自分のサイト内をもう一度見渡してみて、申請できるコンテンツが無いか。あるいは少し膨らませば登録されそうなものは無いか見直してみてはいかがでしょうか?
意外と自分が思っている以上に評価されるものがあるかも知れませんよ。