ワイド・モニタとリキッド・レイアウト

先月になりますがPCを買い換えまして、大きな画面で広々と作業ができるようになりました。
今まで使っていたのが15インチのノートブックだったので快適さは革命的なわけですが(笑)反面、今まで作ってきた自分のサイトのデザインに疑問がわいてきました。


僕は基本的にリキッド・レイアウト(ブラウザに合わせて横幅が伸縮する)でサイトを作っています。
技術的には結構面倒くさいのですが「ブラウザの仕様に依存しない」のがユーザビリティーと考えて採用してきたわけです。
しかし、いざ自分がワイド・モニタを使うようになると、どこまでも横に長いレイアウトというのは非常に見にくいことに気づきました。
特に文字数の多い文章というのはもう読む気がしないのです。
今後パソコンのマルチメディア化は進むでしょう。モニタも高解像度のワイド型が主流になるのは間違いないです。
で、思い切って800pxの固定レイアウトに変更しました。
しかし、これで良いのかは半信半疑です。
WILCOM W-ZERO3のヒットに見られるように、小さいブラウザを使う人も同時進行で増えていきます。
どんな環境でも快適に見てもらいたいという基本は変わらないのですが多数に合わせて小数を切り捨てるしかないという現状が悩ましいです。
===
追伸
CSSにmax-width min-widthというプロパティがあります。
これを使えば幅の最大値と最小値を指定できるのですがIE6ではうまく動作しません。IE7ではどうなるかわかりませんが、ぜひ対応してもらいたいものです。

4 thoughts on “ワイド・モニタとリキッド・レイアウト

  1. ストリバ

    僕は、仕事でも幅固定派です。
    サイズは700ぐらいから750ぐらい。基本は、700でデザインによって変わってきます。コンテンツが少ない時は650ぐらい。位置はデザインによって変わりますが、センターレイアウトが多いです。
    デザインのしやすさと視点の動く距離、モニターのサイズ、一般的なコンテンツの量を考えてこのサイズに落ち着きました。
    ユーザーに自由を与えるのはユーザービリティをアップする反面、クオリティの損失にも繋がるのではないか?とも思っています。
    結局は、ケースバイケースなんですけどね。

  2. a-ki@管理人

    現状で800px以下のモニタでネットしている人は少数でしょうから、リキッドにこだわる必要はないかもしれませんね。
    余談ですが、大画面で輝度の高いモニタで作業をしていると必要以上に目が疲れますw
    最近肩こりがひどい。。。

  3. cainn

    こんばんは。
    ユーザビリティという観点からは離れますが、アメリカの学生がこんな面白い試みを公開していますね。
    →http://www.d4ly.com/_cms/2006/03/24/35/

  4. デザインウォーカー | DesignWalker - ロサンゼルスで働くウェブデザイナーの日記

    リキッドデザインのサンプルレイアウト

    先日2xup.orgさんの「一行あたりの文字数を制限するリキッドレイアウト」を読ませていただき、わたくしも実際にサンプルレイアウトを作ってみました~。このブログで先日ご紹介した、「透過PNGをIE6以下のバージョンで綺麗に表示する方法」とあわせて、このリキッドレイ

Comments are closed.