キーワード・マッチング

最近アドセンスの収入がガタっと落ちました。
クリック数、クリック率ともさほど変化はないので原因は単価ダウンです。
「今はそういう時期なのかな?」
と勝手に判断して特に対策を立てなかったのですが、ページを見直していてふと気づいたことがありました。
今まであまり表示されていなかった広告がメインコンテンツに頻繁に表示されているのです。


あくまで推測なのですが、そのマーチャントが落札したキーワードとそのコンテンツの狙っているキーワードぴったり合ったのでしょう。
本来ならば歓迎するところですが、推測されるキーワードはかなりニッチなもの。落札者が少なければ当然単価は下がります。
単価だけの問題でなく他のアフィリエイト広告とも競合するので申し訳ないですがフィルターをかけました。
キーワードの選択というのは難しいですね。
ビッグキーワードだけでは検索結果の上位には出にくいですし、ニッチであればあったでマッチングが悪かったり今回のようなことも起こります。
有名なtanzanさんが書かれた記事の一節にこういうのがありました。
Google Adsense からのお叱り

プログラムによるキーワード解析ではニーズに応えられないのなら、自分で工夫しなければいけませんし、多分その方が成果に繋がることでしょう。

確かにそのとおりですね。
便利なツールが増えたため、それに頼ってしまって工夫が足りなくなっているのかもしれません。
僕自身も効率化に目が行き過ぎてサイトの広告的価値を下げてしまっているのではないかと反省しています。