レビューコンテンツの見直し

今振り返ると昨年はプログラミングによるページの大量生成が一種のブームになっていて、特に後半ブログの普及がそれに拍車をかけた感があります。
結果的に希薄な内容のページやコンテンツが増えてしてしまった反省は僕自身にもあります。
確かにページを増やすことによる恩恵は計り知れないのですが、「それだけしかない」サイトが撃沈することを身をもって知ることにもなりました。


先日、ご紹介したMONO PORTALもそうなのですが、アフィリエイトの手法としてレビューコンテンツを見直す動きが高まっているように思います。
アフィリエイト・インテリジェンスより

昨年から、ビッグアフィリエイターによる「商品レビュー」をメインとしたサイトが続々と誕生しています。2006年のアフィリエイトのキーワードは「商品レビュー」の予感!?

音楽サイトにとってレビューというのは基本中の基本なわけで、何もアフィリエイトに限ったことではありません。
こういった風潮は歓迎です。
「入り口を増やして出口を減らす」というのもアフィリエイトの技術の一つだと思います。
すでに大量のページを持っているなら、今度は出口の質を高めコンバーションを上げることが収入アップに直結することは明らかです。
僕ももう一度レビューコンテンツを見直そうと思っています。