.htaccessを使ってみた

動的ページを静的ファイルに見せかけるというのは、良くあるSEOの手法です。
これは.htaccessという設定ファイルで行っているそうで、実際にやってみると非常に簡単。
興味のある方は岩もーど。さんの「Webプログラミング研究所」に方法が書いてあるのでどうぞ。


僕自身は動的ページだからといって、必ずしも不利だと感じたことはないのでわざわざHTMLで書き出すようなことには興味が無かったのですが、これを使うことですごく助かったことがあります。
それは「過去に作ったHTMLのページをPHP化できる」ということです。
今までは、ナビゲーションの一斉書き換えや広告の張替えなどはインラインフレームを使っていたのですが、文字サイズを変えると見えなくなったり、ページが重くなったり、SEO的に不利だったりとあまり良いことはありませんでした。
JAVAを使えば良いようなものですが、これもブラウザ側の設定に依存しますし、SEO的に不利なことは変わりありません。
PHP化するとincludeが使えるので、この辺の問題がいっぺんに解決されました。
ありがとう。岩もーど。さん(^^)/

One thought on “.htaccessを使ってみた

  1. カンパネルラ

    初めまして。
    「.htaccess」を使用する方法は、最も簡単ですがレスポンスが悪くなるので、あまり効率的ではないかもしれません。まず.htaccessを許可すると、Apacheはディレクトリごとに.htaccessを探すので、レスポンスが多少悪くなります。
    次に.htmlをPHPスクリプトと認識させると、.htmlファイルへのリクエスト時にPHPソースが記述されていないかチェックするので、やはりレスポンスが悪くなります。
    他にもいくつか動的なファイルを静的に見せる方法はありますが、私がやっているのは
    http://fstyle.ddo.jp/archives/2005/11/rewriterule.html
    です。
    ちなみに、
    http://sowhat.or.tp/fsearch.html
    も、拡張子は「html」になっていますが、全てPHPです。

Comments are closed.