RSSで情報発信

ブログを使ってる人なら僕より詳しいと思いますが、RSSというのは、新着の記事やその要約をXML形式で配信するための規格のことです。(この解釈であってますか?)
例えばRSSリーダーというのを使うと複数のブログの新着をいっぺんにチェックできたり、逆にいえばRSSリーダーを搭載しているサイトに新着情報を自動的に表示できたりするわけです。
このブログの右メニューの下のほうにある「アフィリエイト・ポータルネット」のリンクもRSSを利用しています。


このRSSというもの、実はブログでなくても配信することが出来ます。
もっと言えばプログラムを使わなくてもできるのです。(まあ、プログラムを使わないということはあまり無いと思いますけど。。。)
現状ではRSSリーダーの利用率は5%以下だそうです。
しかし、もしIEにデフォルトでRSSリーダーが搭載されるようになれば、RSSに対応していないサイトは「お気に入り」に入れてもらえない時代が来るかもしれません。(十分ありうることだと思います。)
使いようによってはメルマガに取って代わる可能性もありますね。
スパムメールがこれだけ氾濫すると、ユーザーに完全な選択権のあるRSSのほうがメリットが大きいと思います。
僕も今日からサブサイトでRSS配信をはじめました。
そのうちa-ki’s factoryの新着情報もRSS対応にするつもりです。
まだ新しい技術なので今後どうなるかわかりませんが、注目しておいた方が良さそうですね。