ブログ・アフィリエイトの弱点を考える

ココ1年程でブログを主体にしたアフィリエイト・サイトが急増しました。
僕はもともとブログが苦手で(日記とか昔からダメ)ブログ・アフィリイトにも若干否定的な印象をもっています。


ポータルネットさんの記事から引用させていただきます。

先日、あるASPの社長から次のような話を聞きました。
「アフィリエイターのブログ比率は増えていますが、ブログサイトの報酬比率はほとんど増えていません。」
要はブログではなかなか稼げていないということなのですが、ブログが持っているパワーは凄まじいものがあり、それを引き出すためにアフィリエイト関連各社は研究しているという構図なのですね。

やはり、現状ではブログ・アフィリがそれほど稼げてない状況にあるのは間違い無さそうです。
ブログには、通常のサイトとは違う弱点のようなものがあると思います。
誰でもカンタンに開設出来て、更新の手間も最小限、あわよくばアフィリで小遣い稼ぎ。
この手軽さはブログ・アフィリを普及させるに十分な魅力であったと思いますが、逆に「WEBサイトの持つべき基本的な機能」をオーナーに考えさせる機会を奪ってしまったのではないでしょうか?
僕がサイト運営をはじめた頃は当然ブログなど無かったので、「いかに見やすく、使い易いサイトを作るか」で、付け加えれば「時間が経っても陳腐化しないサイト」をどうやって作るかで四苦八苦してきました。
でも、その経験は決して無駄ではありませんでした。
ブログ・アフィリで稼げていないサイトはその辺の意識が若干薄いように思います。
この話、突っ込んで考えると面白そうなので・・・・つづく